審査激甘消費者金融

人気キャッシング一覧

数ある消費者金融の中でも特に審査が迅速(最速60分)で審査基準が激甘なのが、当サイトで紹介するローン会社です。

まずは第一段階として、借入審査を受ける前に利用規約を詳細に読むことから始めましょう。

0借りやすい消費者金融
消費者金融一覧

申し込みの手順

キャッシングの申し込みは自宅のパソコンやスマホから簡単に申し込みができます。昔のように金融会社の店舗へ来店することは一切不要です。

本人確認には免許証か保険証が必要ですので、予めスキャナかカメラで撮影して画像化し、申し込みをする端末内に保存しておきましょう。

申し込みをする金融会社のサイトに入れば、申し込み手順にしたがって項目を埋めていきます。項目は氏名や年齢、生年月日、勤務先といった基本的なものです。

勤務先などへの在籍確認や居住地への所在確認等は、以前は当たり前のようにありましたが、現在では省略する消費者金融も増えてきました。

ほぼ個人信用情報機関のデータによる審査のみで融資の決定をしているようです。

審査に通るポイント

審査に通るポイントは、余裕のある残高があること、最初の申請の際、希望キャッシング枠を最低の「30万円」としておいたほうが無難です。後で増額できますので、まずは審査に通ることが先決です。

金融

申し込み後、即日審査の結果が通知されてきます。審査が通っていれば、一週間ほどでカードが送られてきますので、コンビニなどのATMで現金を引き出すことが可能です。

だた、一番気を付けなくてなならないポイントは、審査の甘さのみに執着しないことです。人間どうしても借り入れ審査で落とされてしまうと、心理的プレッシャーとなり、審査で落とされないような消費者金融を選んでしまいがちです。

もう少し金利の低いキャッシング会社で借りれるのに、審査基準のみに固執してしまうと、高金利での借り入れを余儀なくされてしまいます。

そのような過ちをしないためにも、金融情報をしっかり把握しておくことが先決です。自分の身の丈に合った消費者金融を選ぶことが重要なことで、その中から一番有利なローン会社を選べばよいのです。選ぶポイントは、低金利で借りやすいのが一番です。

貸金業法改正の影響

貸金業法の総量規制については、一定時点の債務残高が年収に対して割合になるかが基準となります。商業簿記の賃借対象表と似た手法ですが、割賦販売法の支払い可能見込み額は一年間の支払い総額ということで、損益計算書のような基準となります。

個人の家計をこのように単純化して数値化することは、一見机上の空論のような感じですが、生活維持費に住居関係費を加えた理由は、クレジット債務とは別枠にとらえたからと考えられます。

貸金業法の法改正の契機となった認知症の老人が住宅を競売にかけられそうになった件も関係しているといわれています。

0

割賦販売法

経済産業省が編集している割賦販売法の解説本には、支払い可能見込み額の導入趣旨を「クレジットカードの債務返済のために生活維持費まで奪われることになることは、多重債務者対策の本旨にもとることになりかねないことから、包括支払い可能見込み額を算定するに当たっては、生活維持費を除くこととしている」と記載してされています。

つまり、割賦販売法も貸金業法も多重債務者対策の一環として改正がなされたわけです。

賃借対象表的に個人の債務を把握するのと、損益計算書的に個人の債務を把握するのでは、どちらが効果あるかは正確にはわかりませんが、このように個人の債務を数値化するという手法は、あまり現実的でないかもしれません。

むしろ、多重債務者への融資を厳格にすることで、その多重債務者がより借入審査の甘い闇金融などに流れていってしまっているのが現状です。

そういった現状に対して、見て見ぬふりをするのか、それとも抜本的な対策を講じるのかは、金融庁の判断することです。

最終更新日 2017.8.1